大台ヶ原・春の頃 (追加)
e0150228_1413117.jpg

1↑ (1024pixel拡大)
思わず御来光に手をあわせ、これまでの幸せに感謝の祈りを捧げました。



e0150228_1484582.jpg

2↑ (1024pixel拡大)
尾鷲の海に点在する漁船の灯り。
まるで星と同じ光です。

雲をかすめる様に三日月が見えますか?
画像をクリックして頂くと大きくして見ることが出来ます。

e0150228_14124637.jpg

3↑ (1024pixel拡大)
ピンクグレープフルーツの色に染まっています。
山並みの階調をなるべく現実的にRAW現像してみました。
大凡こんな感じ・・・かな。

e0150228_1414243.jpg

4↑
ちょうど太陽が顔を出した直後。
「ひょこっ・・・」と素早く顔を出すんです。
空気中の層で綺麗なグラデーションを創り出しています。

e0150228_14164093.jpg

5↑ (1024pixel拡大)
何度も何度も色を変える雲海。
あまりにも綺麗なファインダー越しの動画に涙が出るんですよ。
じわっと・・・。

e0150228_14203261.jpg

6↑ (1024pixel拡大)
山並みと雲が合成してあるみたい・・・。

耳元を一定の速度で風が流れ「ひょぉぉぉ・・・」と低い音を立てています。
尾鷲から登ってくる海の風。

大台ヶ原山、詳しくはWikipediaをご覧下さい。


山頂を後にしながら・・・
e0150228_14225263.jpg

7↑
木々の生命を感じ、

e0150228_14233229.jpg

8↑
影の美しさに見とれ・・・、

e0150228_14242643.jpg

9↑
緑の大切さを知る。

e0150228_1425170.jpg

10↑ (1024pixel拡大)
ここは自然の宝庫「大台ヶ原」。


-戯言-

先日大台ヶ原ドライブウェイの冬季通行止めを解除し山が開かれました。
ゴールデンウィークには日の出を見る為にたくさんの人々が上がってくることでしょう。
夜間は道路に鹿をはじめとしたたくさんの動物が行動しています。
細心の注意を払い速度をうんと落として走りましょう。

散策路にはほとんどの箇所で柵やロープが張られています。
何の為にそうされているのか十分確認の上歩いてください。
簡単に乗り越えられるものが殆どですが、大変重要な意味を持っています。

最後に・・・、ゴミは必ず持ち帰りましょう。
ほんの僅か小さなゴミも捨ててはなりません。
これはどの場所にでも適用する事。
先日、京都の某所で観光バスから降りてきた男性。
花粉症でつらいでしょうけど、かんだティッシュは小さく丸めて捨てても駄目です。
「そんなん平気で捨てたらアカンで。」
思いっきり逆ギレされてしまい「偉そうに言うな!」と捨て言葉。

ゴミで街や自然が汚れるのは嫌なもんですね002.gif


前回の追記ですのでコメント欄は閉じておりますm(_ _)m
[PR]
by rauke-2 | 2009-04-25 14:45 | 奈良県
<< 長岡天満宮 キリシマツツジの頃... 大台ヶ原・春の頃 >>