旅鉄 @ 高野山 (4)
e0150228_23593182.jpg

1↑
お昼ご飯は「つくも食堂」さんでした。
高野山で何を食べるかと思い浮かぶのは精進料理胡麻豆腐
精進料理は満足いく内容を選ぶと思いのほか高価になるし予約も必要だったり・・・。
胡麻豆腐だけではきっと皆んなからブーイングだと思います。

高野山+お昼ご飯で検索すると、時たま「釜飯」という文字が引っかかりました。
峠の釜飯なんていうのは良く知られていますが、高野山となるとピンときません。
早速食べログで調べてみると・・・「つくも食堂」さんが見つかりました♪



e0150228_0163017.jpg

2↑
「かんぱぁ~い^^」
これも旅鉄の特権、帰りの運転気にする事無くアルコール選択できちゃいます。

お店に入るとお店の方が「昨日電話くれた方?」って。
前日に営業してるかどうか確認の電話を入れておきました。
「電話が無かったら今日は閉店しようかって言ってたのよ~(笑)」・・・ふぅ、良かった。
これで閉まっていたら皆んなにぶっ飛ばされてるところです(^^;

e0150228_0225513.jpg

3↑
僕は山菜釜飯をいただきました。
思いのほか量が多くてビックリです。
しっかりお焦げもあって香ばしくて美味しかったですよ。
付け合わせの胡麻豆腐も美味しかったし、何と言ってもお味噌汁が美味しかった!
高知(だったかな?)出身の店員のおばさん、鰹節にもこだわっているのだと言っておられました。

ぽかぽか暖かい店内、結構長居してしまいました。
これから高野山訪れた時はデフォルト食堂となりそうです。

e0150228_0291349.jpg

4↑
お腹がいっぱいになったら近くの大門へ。
これまた大きな建造物。
この日は拝観順を全く無視してたなぁ(^^;

e0150228_0311027.jpg

5↑
「つくも食堂」さん近くのバス停から奥の院前まで一気に移動。
有名企業の名前を眺めつつ奥の院まで歩き、途中で見かけた氷の芸術。
これは大きな手水舎が凍って出来た氷の塊なんです。
muminさんのところで手水舎全体が見れますヨ。

e0150228_0344853.jpg

6↑
硬い氷の柱。
寒いけど感動しました。

e0150228_0372714.jpg

7↑
高野山駅まで乗ったハイブリッドバス。
新車の香りが残るピカピカのバスでした。

「こうやくん」、かわいいキャラやなぁ。

e0150228_0395567.jpg

8↑
帰りが遅くなりました。
ちょうど難波行きの特急があったので、これで一気に帰る事にしました。

写真の車両は最新型の31000系デラックスズームカー4連。
やはりこの車両も険しい山岳路線を下る事になるのです。

e0150228_0485690.jpg

9↑
旅の終わりは何処か切ない気持ちになりますね。

e0150228_049355.jpg

10↑
出発待ち。

大阪経由で帰路に着きました。

e0150228_0505453.jpg

ご参加していただいた"ことばのはおと"のジンさんヒロエさんムーミンさん、どうもお疲れさまでした。
奥の深い山岳路線"南海高野線"、雪と空が綺麗な高野山も感動、ありがとうございました。

PENTAX K10D
  with
TAMRON SP 17/3.5 151B
TAMRON SP AF 90/2.8 MACRO1:1 172E
RICOH GRdigitalⅡ
.

[PR]
by rauke-2 | 2010-01-26 05:39 | 和歌山県
<< 智積院の紅梅 旅鉄 @ 高野山 (3) >>